車の購入には本体の価格にいろいろな諸経費が上乗せされて決定します。内訳も細かくこの分が価格に上乗せされることを考えて購入していかないといけません。まずは税金です。税金にもいくつかの種類があり購入の際にはそれらを支払っていかないといけません。税金は購入したときだけに支払うものと、その後保持している限り定期的に払っていくものが存在します。他にもサービスの場合もありますが、ナンバープレート代や検査登録の代行費用や消費税などかなりの項目で上乗せされてきます。
                                          mobile02_l.                                                                                   他にも強制的に加入させられる保険や、任意の保険などもあるのでかなりの金額になります。項目は一緒ですが本体価格で金額はかなり変わってきます。100万円台と500万円台では諸費用は2倍ぐらい変わってきます。購入価格はこういった項目なかで購入する場合にサービスになったりする項目もあります。100万円台なら20万から30万円はかかると考えておかなければいけません。500万円以上するものなら60万円は諸経費がかかってきます。また購入した場合にオプションで装備を増やしたりすればさらに金額が高くなっていきます。高い買い物ですからしっかりと計画をたてることが大事です。