» 未分類のブログ記事

自動車販売店で車を購入する際にプライスボードに記載された車本体の金額以外にも多くの料金がかかります。トラブルに見舞われないようにするためにもあらかじめ販売店諸費用を問い合わせるなどしてチェックしておくことが大切です。購入時に税金等は必ずかかるものです。50万円以上の自動車を取得するための税金として自動車取得税があります。軽自動車は3%、それ以外の自動車は取得価格の5%が徴収されます。 
                                                                                    

なお、「取得価格」とはプライスボードに書かれている車の価格ではなく、新車の場合は車両と主要なオプションをあわせた価格の90%が取得価格とみなされます。中古車の場合は年式に応じて大きく変わります。他にも自動車税、自動車重量税等の税金がありますが、ほぼ自動車によって定められる料金なので得にトラブルもなく払うことができます。
                                                                           

希望があればナンバー取得の費用等も発生します。ナンバー付け替えの代行料は別途に取るところと登録料に含めるところがあるので事前に店に確認しておくことが重要です。購入し他車は必ず納車しなければなりません。納車費用というものもあります。販売店から自宅まで車を届けてもらう際に発生する料金なので購買者が販売店まで車を取りにいけばこの料金は発生しません。

自動車取得税ってどんな税金?

| 未分類 |

自動車取得税とは取得額が50万円を超える自動車を取得する際に取得者に課せられる税金です。国が担当する自動車重量税とは違い、地方税です。1968年に創設されたもので、納税義務者は都道府県に申告納付しなければなりません。納付の仕方は収入証紙を申告書に貼付する方法が原則とされ、最もポピュラーなものですが、都道府県が制定する地方税であるため、都道府県によって納付方法はやや異なることがあります。
diet02_m

税率は3%であると本則によって定められていますが、当面の間は自家用の軽自動車を除く自動車の取得には特別税率が2%上乗せされています。都道府県に納付された取得税の66.5%が市区町村に交付されています。長い間使途制限があり目的税とされていましたが、2009年4月に普通税に改正されました。現在燃費性能や排出ガスなどの環境負荷の小さい自動車に対しては税率を軽くし、環境負荷が大きいといえる自動車の税率が重くされているグリーン化税制により、軽減されます。

具体的には環境への影響が少ないとされる基準を満たせば2012年3月31日までの取得に限られるものの、取得税は軽減されています。日本の自動車ユーザーは諸外国と比べ非常に税金が高いことが知られており、自動車業界からは税率を下げるように非難されています。現在、取得税を段階的に減らし、最終的には廃止することが決定しています。

自動車税と自動車重量税の関係性

| 未分類 |

自動車税というのは毎年4月1日に自動車の所有者になっている人が払わなければならない税金のことです。税額は乗用車・トラック・軽自動車などの種類によって大きく変わり、他にも自家用車か業務用車かという点は排気量などによって決まります。都道府県税として納められていますが軽自動車の場合は市町村税です。これに対して自動車重量税は検査自動車と届出軽自動車に対して課される税金であり、国税です。
                                                                                                    

新車を購入した際に、つまり新規登録時と自動車検査登録制度における検査を通して課税されます。例外はあるものの、印紙を購入後、所定の納付書に貼付してから納付されます。国税ではあるものの、税収の三分の一は市町村に自動車重量譲与税としてまわされ、道路関係の費用に充てられます。税額は自動車の種類および重量によって決められます。国税なので市町村や都道府県ごとに金額が変わることはなく、支払う金額は明確化されています。               
                                                                                    

人によっては二重課税のように感じることもあり、また、諸外国と比べた場合の日本の自動車所有者に対しての課税額は異常に高いことからやや非難を浴びている税金です。そのため2001年からほぼ毎年、微量ではあるものの減税されています。2010年の4月1日以降、自動車検査証が公布される人は20%減税されました。

自賠責保険とは正式名称は自動車損害賠償責任保険のことで、あまりにも名前が長いため、一般的には自賠責保険と呼ばれ正式名称を知っている人はあまりいません。現在日本では加入が義務づけられており、自動車はもちろん、原動機付自転車においても運転者か加入しなければならず、加入していない状態で走行すると法律で罰せられます。加入が強制されている点から強制保険とも呼ばれています。
                                                                                 

交通事故が発生したさいの被害者への補償を確立するために1955年に開始されました。運転者が自賠責保険に入っていることで被害者は被害者請求制度とよばれる制度を利用することで加害者、つまり自賠責保険に加入している運転者を介さずに損害賠償金を直接受け取ることが可能です。人身事故に限らず交通事故が起こった場合、過失割合が決められますが、自賠責保険の場合たとえ運転者の過失がなくとも負傷した側が被害者として扱われ、運転者側の自賠責保険料が支払われます。                                                                                                                        

支払われる金額は過失割合によって大きく増減し、70%を超える過失割合の場合重過失減額とよばれ、20%-50%程度減額されます。被害者の最低限の補償の確保を目的に作られた保険なので被害者のいない、つまり死傷者の存在しない物損事故に適用されることはありません。自賠責保険自体は強制保険であるものの、物損事故には対応できない上に、人身事故時の最低補償額も多くはないため、自賠責保険とあわせ任意の自動車保険にも加入することが望まれます。

資源の無駄を減らしたり、ごみを減らすことによってリサイクルができる社会にしていくために、自動車メーカーや関連事業者、自動車輸入業者、車の所有者に対して車のリサイクルを進めていく法律として自動車リサイクル法が制定されています。
この法律に基づいて、車の所有者はリサイクル料を支払うことになっています。
支払う対象は四輪自動車を所有している人で、トラックなどの大型車や商用車も支払わなければなりません。
                                        nayamu01_m                                                                                                      

金額は車の車種やメーカーによって、それぞれ異なってきます。
フロン類やシュレッダーダストなどによっても、支払い料金が変わってきます。
2005年1月から支払う義務が発生しており、新車の購入を行った際に支払うことになっています。
廃車時や車検時に料金を支払う場合は、整備事業者に代行の依頼をすることができます。
車検のときや車の登録を行うときに料金が支払われているか確認を行い、支払われていない車に対しては車検や登録ができなくなるため、道路を走ることができなくなります。
支払われた料金については、国に指定されている資金管理法人の自動車リサイクル促進センターが管理することになっています。料金の支払いは車1台につき、1回限りのものとなっています。

車を購入する際に見積もりを取ると、車両本体価格よりかなり高くなって驚かされたという人も少なくありません。これは車両以外に様々な税金や手数料などの諸費用が発生するからです。税金には、自動車税、自動車重量税、自動車取得税、そして消費税があり、また税金の他に自賠責保険も必要です。税金や保険の金額は排気量や重量によって違ってきます。また、エコカー減税のように国の政策によって減税対象となる場合もあります。
                                        mobile01_l                                                           

手数料には、納車費用、車庫証明費用、検査登録代行手数料、ナンバープレート費用、下取り手数料などがありますが、ディーラーによって多少違ってきます。法定費用は値引きできませんが、これらの手数料に関してはカットしてくれることもありますので、交渉してみると良いでしょう。また、車庫証明費用などは自分で取れば、その分手数料を抑えることができます。

このような諸費用というのは、大雑把に100万円の車で20万円~30万円、200万円の車で30万円~40万円、300万円の車で40万円~50万円前後発生します。手数料はかなり高額になりますが、もし車両本体価格の値引きに成功すると、それに合わせて税金の額も減額されるので、値引き交渉を根気強く行うことがお勧めですね。

新車価格というのは、車両本体価格が基本となっています。車両本体価格だけ支払って車を購入することもできますが、通常はそこにオプションを加えていきます。メーカーも車両本体価格を抑えるために、余計なオプションを省くことが多いのです。ただこれは、ユーザーにとっても自分の好きなものをオプションとして付け加えることができるというメリットがあります。

オプションには大きくメーカーオプションとディーラーオプションの二つに分けることができます。メーカーオプションというのは本革シートやサンルーフなど、工場出荷の前にメーカーで取り付けてくれるもので、後からとりつけることができません。それに対してディーラーオプションは各ディーラーで取り付けてくれるもので、ナビゲーションやオーディオ、フロアマットや各種アクセサリーがあります。

ディーラーオプション価格は安いものから高いものまで様々です。ディーラーオプション専用のカタログが置いてありますので、それを見ながら注文を入れることになりますが、カー用品店では購入できないオリジナルパーツがたくさんあり、個性的な車に仕上げることができます。また、ディーラーオプションから値引きも可能ですので、ぜひ交渉してみましょう。

車には様々なパーツを装着することが可能ですが、購入時に選べるものにはメーカーオプションとディーラーオプションがあります。同じオプションですから違いが分かりにくいと言えますが、ディーラーで簡単に装着できるものがディーラーオプションで、製造時に工場で取り付けるものがメーカーオプションとなります。メーカーオプションにはサンルーフや電動シート、電動スライドドア、LSDなどの駆動系パーツなど大掛かりなものが多いため、メーカーオプション価格は高額になるのが普通です。
                                        mobile04_l.                                                                                                                      

新車の注文時にしか装着できないオプションですから、新車でも展示車や在庫車の場合には選択できないオプションとなります。メーカーオプションには単体で装着できるものと、他のパーツとともにパッケージで装着する場合などメーカーによって内容は異なっていますので、価格もメーカーごとに異なるのが普通です。ディーラーオプションは新車を購入した後でも取付可能ですが、メーカーオプションの中でもサンルーフのようにルーフを切り取らなければならないものは後から装着することはできないのです。しかし駆動系のパーツでは、後から社外品を装着できるものもありますので、価格や性能によって社外品との比較が必要です。

みなさんは車を購入しようと考えた際、まずは予算を決める方が多いかと思います。
車を購入する際には、新車、中古車ともに車の本体価格とは別に諸費用というものがあります。
ここで諸費用について学べば、おのずと車両本体の金額というのが見えてきます。
諸費用というのは大きく分けて、税金保険料、手続代行費用、その他費用というようになります。
                                        mobile03_l.                                                                                                    

税金保険料は車の排気量や大きさによって変わってきますし、手続代行費用は購入先の会社によって若干変わってきます。
税金保険料とは、自動車税・自動車取得税・自動車重量税・自賠責保険料の4項目になります。
このうち、自動車取得税と自動車重量税に関しては、新車購入の際、車種によって免税、減税となりますし、中古車の場合は4年落ち以降の年式の車であれば、自動車取得税はかからないようになっています。
手続代行費用には、検査登録手続代行費用・車庫証明代行費用・納車費用・下取り車手続代行費用・査定費用となります。
この中で、知識がなくても自分で簡単に行えて、削れる費用をご紹介します。
車庫証明代行費用は会社にもよりますが、大体15000円前後になります。しかし、自分で警察署に提出するようにすれば印紙代のみで行えますのでおおよそ10000円程節約できます。さらに納車費用はこちらから納車の際取りに来ますという形をとれば払わなくて済む場合が多いです。
大体、諸費用は平均して15万~30万程となりますが、購入の仕方、買う側の工夫によって削ることが可能です。
よって車の本体の金額としては予算から-20万程見るのが良いのではないでしょうか。