新車価格というのは、車両本体価格が基本となっています。車両本体価格だけ支払って車を購入することもできますが、通常はそこにオプションを加えていきます。メーカーも車両本体価格を抑えるために、余計なオプションを省くことが多いのです。ただこれは、ユーザーにとっても自分の好きなものをオプションとして付け加えることができるというメリットがあります。

オプションには大きくメーカーオプションとディーラーオプションの二つに分けることができます。メーカーオプションというのは本革シートやサンルーフなど、工場出荷の前にメーカーで取り付けてくれるもので、後からとりつけることができません。それに対してディーラーオプションは各ディーラーで取り付けてくれるもので、ナビゲーションやオーディオ、フロアマットや各種アクセサリーがあります。

ディーラーオプション価格は安いものから高いものまで様々です。ディーラーオプション専用のカタログが置いてありますので、それを見ながら注文を入れることになりますが、カー用品店では購入できないオリジナルパーツがたくさんあり、個性的な車に仕上げることができます。また、ディーラーオプションから値引きも可能ですので、ぜひ交渉してみましょう。