自動車販売店で車を購入する際にプライスボードに記載された車本体の金額以外にも多くの料金がかかります。トラブルに見舞われないようにするためにもあらかじめ販売店諸費用を問い合わせるなどしてチェックしておくことが大切です。購入時に税金等は必ずかかるものです。50万円以上の自動車を取得するための税金として自動車取得税があります。軽自動車は3%、それ以外の自動車は取得価格の5%が徴収されます。 
                                                                                    

なお、「取得価格」とはプライスボードに書かれている車の価格ではなく、新車の場合は車両と主要なオプションをあわせた価格の90%が取得価格とみなされます。中古車の場合は年式に応じて大きく変わります。他にも自動車税、自動車重量税等の税金がありますが、ほぼ自動車によって定められる料金なので得にトラブルもなく払うことができます。
                                                                           

希望があればナンバー取得の費用等も発生します。ナンバー付け替えの代行料は別途に取るところと登録料に含めるところがあるので事前に店に確認しておくことが重要です。購入し他車は必ず納車しなければなりません。納車費用というものもあります。販売店から自宅まで車を届けてもらう際に発生する料金なので購買者が販売店まで車を取りにいけばこの料金は発生しません。