自賠責保険とは正式名称は自動車損害賠償責任保険のことで、あまりにも名前が長いため、一般的には自賠責保険と呼ばれ正式名称を知っている人はあまりいません。現在日本では加入が義務づけられており、自動車はもちろん、原動機付自転車においても運転者か加入しなければならず、加入していない状態で走行すると法律で罰せられます。加入が強制されている点から強制保険とも呼ばれています。
                                                                                 

交通事故が発生したさいの被害者への補償を確立するために1955年に開始されました。運転者が自賠責保険に入っていることで被害者は被害者請求制度とよばれる制度を利用することで加害者、つまり自賠責保険に加入している運転者を介さずに損害賠償金を直接受け取ることが可能です。人身事故に限らず交通事故が起こった場合、過失割合が決められますが、自賠責保険の場合たとえ運転者の過失がなくとも負傷した側が被害者として扱われ、運転者側の自賠責保険料が支払われます。                                                                                                                        

支払われる金額は過失割合によって大きく増減し、70%を超える過失割合の場合重過失減額とよばれ、20%-50%程度減額されます。被害者の最低限の補償の確保を目的に作られた保険なので被害者のいない、つまり死傷者の存在しない物損事故に適用されることはありません。自賠責保険自体は強制保険であるものの、物損事故には対応できない上に、人身事故時の最低補償額も多くはないため、自賠責保険とあわせ任意の自動車保険にも加入することが望まれます。