自動車取得税ってどんな税金?

| 未分類 |

自動車取得税とは取得額が50万円を超える自動車を取得する際に取得者に課せられる税金です。国が担当する自動車重量税とは違い、地方税です。1968年に創設されたもので、納税義務者は都道府県に申告納付しなければなりません。納付の仕方は収入証紙を申告書に貼付する方法が原則とされ、最もポピュラーなものですが、都道府県が制定する地方税であるため、都道府県によって納付方法はやや異なることがあります。
diet02_m

税率は3%であると本則によって定められていますが、当面の間は自家用の軽自動車を除く自動車の取得には特別税率が2%上乗せされています。都道府県に納付された取得税の66.5%が市区町村に交付されています。長い間使途制限があり目的税とされていましたが、2009年4月に普通税に改正されました。現在燃費性能や排出ガスなどの環境負荷の小さい自動車に対しては税率を軽くし、環境負荷が大きいといえる自動車の税率が重くされているグリーン化税制により、軽減されます。

具体的には環境への影響が少ないとされる基準を満たせば2012年3月31日までの取得に限られるものの、取得税は軽減されています。日本の自動車ユーザーは諸外国と比べ非常に税金が高いことが知られており、自動車業界からは税率を下げるように非難されています。現在、取得税を段階的に減らし、最終的には廃止することが決定しています。