自動車税と自動車重量税の関係性

| 未分類 |

自動車税というのは毎年4月1日に自動車の所有者になっている人が払わなければならない税金のことです。税額は乗用車・トラック・軽自動車などの種類によって大きく変わり、他にも自家用車か業務用車かという点は排気量などによって決まります。都道府県税として納められていますが軽自動車の場合は市町村税です。これに対して自動車重量税は検査自動車と届出軽自動車に対して課される税金であり、国税です。
                                                                                                    

新車を購入した際に、つまり新規登録時と自動車検査登録制度における検査を通して課税されます。例外はあるものの、印紙を購入後、所定の納付書に貼付してから納付されます。国税ではあるものの、税収の三分の一は市町村に自動車重量譲与税としてまわされ、道路関係の費用に充てられます。税額は自動車の種類および重量によって決められます。国税なので市町村や都道府県ごとに金額が変わることはなく、支払う金額は明確化されています。               
                                                                                    

人によっては二重課税のように感じることもあり、また、諸外国と比べた場合の日本の自動車所有者に対しての課税額は異常に高いことからやや非難を浴びている税金です。そのため2001年からほぼ毎年、微量ではあるものの減税されています。2010年の4月1日以降、自動車検査証が公布される人は20%減税されました。