車を購入する際に見積もりを取ると、車両本体価格よりかなり高くなって驚かされたという人も少なくありません。これは車両以外に様々な税金や手数料などの諸費用が発生するからです。税金には、自動車税、自動車重量税、自動車取得税、そして消費税があり、また税金の他に自賠責保険も必要です。税金や保険の金額は排気量や重量によって違ってきます。また、エコカー減税のように国の政策によって減税対象となる場合もあります。
                                        mobile01_l                                                           

手数料には、納車費用、車庫証明費用、検査登録代行手数料、ナンバープレート費用、下取り手数料などがありますが、ディーラーによって多少違ってきます。法定費用は値引きできませんが、これらの手数料に関してはカットしてくれることもありますので、交渉してみると良いでしょう。また、車庫証明費用などは自分で取れば、その分手数料を抑えることができます。

このような諸費用というのは、大雑把に100万円の車で20万円~30万円、200万円の車で30万円~40万円、300万円の車で40万円~50万円前後発生します。手数料はかなり高額になりますが、もし車両本体価格の値引きに成功すると、それに合わせて税金の額も減額されるので、値引き交渉を根気強く行うことがお勧めですね。