資源の無駄を減らしたり、ごみを減らすことによってリサイクルができる社会にしていくために、自動車メーカーや関連事業者、自動車輸入業者、車の所有者に対して車のリサイクルを進めていく法律として自動車リサイクル法が制定されています。
この法律に基づいて、車の所有者はリサイクル料を支払うことになっています。
支払う対象は四輪自動車を所有している人で、トラックなどの大型車や商用車も支払わなければなりません。
                                        nayamu01_m                                                                                                      

金額は車の車種やメーカーによって、それぞれ異なってきます。
フロン類やシュレッダーダストなどによっても、支払い料金が変わってきます。
2005年1月から支払う義務が発生しており、新車の購入を行った際に支払うことになっています。
廃車時や車検時に料金を支払う場合は、整備事業者に代行の依頼をすることができます。
車検のときや車の登録を行うときに料金が支払われているか確認を行い、支払われていない車に対しては車検や登録ができなくなるため、道路を走ることができなくなります。
支払われた料金については、国に指定されている資金管理法人の自動車リサイクル促進センターが管理することになっています。料金の支払いは車1台につき、1回限りのものとなっています。